スポーツをする子供の保護者の皆様へ

1.試合や練習を見に行ってあげましょう。
  -子どもはそれを望んでいます
2.試合ではすべての子どもを応援してあげましょう
  -自分の子供だけではありません。よその子供を応援してあげる事でその子とその保護者はどんな気持ちになるだろう。
3.調子の良い時だけではなく調子の悪い時も勇気づけてあげましょう
  -批判してはいけません
4.チ-ムリ-ダ-を尊重してあげましょう
  -彼らの判断に任せましょう。
5.レフリ-はインストラクタ-とみなしましょう
  -レフリ-の判定を批判してはいけません。あなたが批判する事で損をするのは子供達かも。
6.子どもが参加することを刺激し、勇気づけてあげましょう
  -プレッシャ-にならないように
7.今日の試合がエキサイティングだったか、楽しかったか、聞いてあげましょう
  -結果だけを聞くことのないように
8.スポ-ツにふさわしい、節度のある用具を準備してあげてください。
  -大げさになってはいけません
9.クラブの良きサポーターになってください。
  -試合に勝っても負けても応援してください
10.忘れないでください。サッカーをするのはあなたの子どもです。
  -あなたではありません

子供たちが主役
子どもたちがサッカ-に夢中になって取り組んでいる姿を見て

保護者として何かをしてあげたいと思うのは自然な気持ちです。
練習への送り迎えやお弁当作り、たくさんの洗濯物に
ちょっと閉口してしまうことがあるかもしれません。
しかし、ピッチでボ-ルを追いかけるわが子を見ると
「しっかりがんばれ」と応援せずにいられません。
最初はボ-ルを上手にけれず仲間の後ろについて回っていた
子どもがどんどんたくましくなっていきます。
ゲ-ムに勝って喜び、負けて悔しがる。
シュ-トが決まったと胸を張り、ミスをしてしまったことに肩を落とす。そんなわが子がいとおしく何かをしてあげればと思うことも保護者としては当然です。
社会の中に多くのマナ-があるように、
スポーツを楽しむためにもマナ-があります。
スポーツに必要なマナ-をきちっと教えていくことは保護者としての大切な役割です。
そして、みなさん自身がマナ-を守ることは
言うまでもありません。ここではみなさんが主役です。
しかし、サッカーでの主役は子どもです。
子どもたちが自分自身で考え、感じ、判断し、プレ-したことを
認めてあげてください。それがうまくいかなくても決して責めないでください。
失敗したことは十分にわかっています。
上手にできたことはしっかりほめてください。
「選手が失敗するとあ~あ~、なんしょうと~」のような悲鳴のような声。
また勝っているときに蹴りだしたボ-ルが横を転がっているのに相手チ-ムのボ-ルだと取らない行為。
また相手のファ-ルに対しての罵声。
また相手の保護者の罵声に対しての言い返し。
それらは審判や指導者にまかせましょう。
また試合はフェア-にやりましょう。
勝っても負けても大きな拍手。
良いプレ-には味方、相手関係なしに拍手。
そんな素敵な応援が子どものサッカーをもりあげます。
目指せ、ベストサポ-タ-!
子どものために良かれと思う気持ちが最適な方向になるために…
自立の第一歩
私たちは、スポ-ツでは自立が大切であると考え、自立した選手を育成しようと思っています。
自立しているというのは、自分自身で判断して、責任をもって行動する、ということです。
誰かにやれといわれたら、ではなく、自分自身がやりたい、
やったほうがいいと思うからやる。
失敗は自分の判断によるもの、誰かのせいにはできません。
また、何から何まで大人がそろえてくれる環境は子供たちが「あって当然」と思うことは間違いです。
用意してもらえない環境では何も出来ない人、
適応できない子供になってしまうでしょう。
何から何まで常に用意されている環境を与えることがマイナスになることもあるのです。
【例】
サッカ-の試合にいった時に、
スパイクを忘れた選手がいました。
その子に聞くといつも自分ではなく母親が用意をしているので
自分のせいではないとのこと。
親が電話してきて、届けに来るといいました。
「運動靴でさせるから結構です。」と断りました。
その子は当日すべりやすくやりにくそうにしていました。
その後決して忘れ物をしないようになりました。
お母さんによるとそれ以来必ず自分自身で
用意をするようになったそうです。
ゆっくり見守りましょう
スポ-ツをしていると、いろいろな場面で勝ったり負けたり、選ばれたり選ばれなかったりすることがあります。
それがスポ-ツの特徴です。
ちょっとしたセレクションなどで選ばれると、あたかも将来がすべて保障されたように思うのは大きな勘違いです。
親や指導者ばかりでなく第三者までが過剰に反応し大騒ぎをすることがあります。
そのことがゆくゆくその子どもにとっては大きなプレッシャ-になりえます
またその反対にその周囲でうちの子に見込みがないと見切りをつけてさっさとスポ-ツをやめさせて他の事を始めさせるような極端な対応をするケ-スもあります。
自分の子がどうなのか、見込みがあるのかないのか気になるのは当然。
また早く道をつくってあげたいという親心もあるかもしれない。
しかしそれは実際のところは大人が早く安心したいのかもしれません。
しかし、低い年齢であればその先の可能性は不確定。
早いうちには何も決め付けることは決してできません。
遅咲きの選手・早熟の選手などたくさんいます。
それを大人が勝手に見切ってやめさせてしまうなんて無茶なことではありませんか?
やるのは子ども。主役は子ども。
大人が決め付けることではありません。
また低い年代のうちには可能性のある子供は実にたくさんいます。
そのような子どもたちに良い指導や環境を与えたいと考えています。
トップにいくかいかないかだけが価値ではありません。
子ども自身がサッカーをしたいという純粋な気持ちが大切でありそこにはいろんな価値があります。
一喜一憂しないでゆっくり見守りましょう。
僕たちは子どもたちがスポ-ツを楽しみ生涯にわたってスポ-ツを大好きでいてほしいと思っています。
また応援の保護者のマナ-が悪いチ-ムも多々あります。
応援というよりもフ-リガンという環境です。
選手はこんな思いではないでしょうか。
【例】
「僕のお父さんは試合が終わったあと僕よりグッタリしている。
お父さんたちの中で一番大声で叫んでいるんだ。
何を叫んでいるかはよく聞こえない。
終わった後、いつも僕がどうしなければならないかを聞かされる。いつもうんうんとうなづいているけど何をいっているかさっぱりわからない。
勇気付ける応援は本当にありがたいものです。
指示や罵声は絶対にやめましょう。
いつの間にか自分の大切な子の成長をとめているかもしれません。

フットボールクラブ立岩

​"自分に負けない選手を育てる" 飯塚市のサッカーチームです。

Football Club TATEIWA